校正記号のルビ

ルビ[モノルビ・グループルビ・熟語ルビ]

ルビは、身近なところでいうと教科書や書籍などでよく見られます。単純に、漢字の読み仮名としてのイメージが強いルビですが、その体裁は複数あり見分けがつかない場合もあります。
DTP側でも、ルビを入れるときの設定が難しいというところもあり非常に奥が深いものです。

ここでは、ルビとはこういうものなんだというレベルで覚えておいて、ご自身が携わる媒体に応じてルビの勉強を深めていく方が効果的に学べると思います。
そのため、使用頻度の高い「モノルビ」と「グループルビ」を中心に説明していきたいと思います。

ルビの校正記号

▼ ルビを入れる校正記号です。


【引用元】校正舎 ≫ http://www.kouseisya.jp/mark.htm

ルビの解説(モノルビ・グループルビ)

【ルビについて】

1.ルビを振る対象の文字を「親文字」といいます。
2.モノルビとは、一つ一つの親文字に対してルビを振る方法です。
3.グループルビとは、複数の親文字を一括りとして均等にルビを振る方法です。


▼ モノルビ
校正記号のルビ


▼ グループルビ
校正記号のルビ


▼ Wordでルビを振る場合は、ルビを振りたい文字を選択し、赤枠のマークをクリックすることでできます。




▼「文字単位」というものが、モノルビのことです。画面下のプレビューでモノルビ表示されていることが確認できます。




▼「文字列単位」というものが、グループルビのことです。




▼ ルビの配置方法としては、5つありますが「均等割り付け2」が標準の設定で、特に横書きの場合はこの設定のままで問題はありません。




▼ 縦書きの場合もルビの設定は、横書きと同じです。



▼ 横書きではほとんど見かけませんが、縦書きの場合は「肩付きルビ」もよく見られます。
 設定は、配置の「左揃え」を選択します。

ルビで注意する点

紙媒体作成時のデータをPDFにして、コピペで文字情報を取る場合などは、ルビの体裁が崩れてしまうので注意が必要です。特に、紙媒体の情報をWebに転用する場合は要注意です。
下のように体裁が崩れていまいます。ルビが多いと修正するだけでも大変です。


▼ 文字単位の場合

【例】
校正記号のルビ

▼ 文字列単位の場合

【例】
校正記号のルビ

事前に紙媒体からWebなどに文字情報をコピペして転用する場合は、ルビでなく文の後ろにかっこで読みを入れるほうが無難な選択でしょう。

【例】 渋谷(しぶや)

熟語ルビ

「熟語ルビ」と「グループルビ」は非常によく似ており、その違いも判断がつきづらい場合が多いです。熟語ルビは、グループルビの体裁を意識したモノルビと言えます。

グループルビと熟語ルビの明確な違いの一つとして、
グループルビは複数の親文字を一つのまとまりとしてルビを振るため、文字を分割することはできません(泣き別れ不可)。逆に、熟語ルビはモノルビの要素があるので分割可能です。

おわりに

ルビを入れる基準は、出版社や担当者レベルによって異なってきます。何が正しいというより単純に好みによります。

ルビに関してさらに詳しく知りたいという方は、JAGATのホームページで詳しく解説されていますのでご覧ください。
【参照】JAGAT_日本語組版とつきあう ≫ https://www.jagat.or.jp/1945-2


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの